プレスリリース

プレスリリース – 2020年8月6日

Press Release
報道関係者各位

ミューテック35

MADE IN TOKYO の板金加工の技術を活かした非接触ツール
身近な人を幸せにという願いを込めた「青い鳥のドアオープナー」
8 月 12 日(水)より銀座三越, 伊勢丹のカジュアルギフトサイト MOO:D MARK BY ISETAN にて先行発売!

株式会社ミューテック 35(本社:東京都日野市、代表取締役:谷口 栄美子)は、未曽有の社会に寄り添い、私たちにできることは何かを考え、30年にわたる MADE IN TOKYO の精密板金加工の技術を活かした、持ち歩きができる非接触ツール「青い鳥のドアオープナー」を女性消費者の目線で開発いたしました。2020年8月12 日(水)より伊勢丹のカジュアルギフトサイトMOO:D MARK BY ISETAN (https://moodmark.mistore.jp/) 及び、8月12日(水)から 8月25日(火)の期間限定で銀座三越本館1F プロモーションスペースにて先行発売いたします。

ドアオープナー

■身近な幸せを大切にできますようにと願いを込めた「Blue Bird」

コロナ禍で離れた家族や友人に会えない期間があり、かけがえのない存在であることに改めて気づいた方も多いのではないかと思います。ブランド名である「Blue Bird」は、チルチルとミチルが探し求めた幸せが実は身近なところにあった、という物語で知られる、童話「青い鳥」にちなみ、皆様がこれからも身近な幸せを大切にできますようにと願いを込め名付けました。

新型コロナウィルス禍での「新しい生活様式」のガイドラインとして、①身体的距離の確保②マスクの着用③手洗い、が挙げられています。しかしながら、日常生活の中で、ドアノブやタッチ画面に触れる機会は少なくなく、対物接触をゼロにすることは一般的に難しい状況です。これからの新しい生活様式を歩んで行く上で、ドアオープナーが当たり前の存在となり、外出への不安をなくす感染防止対策の気軽なアイテムとして普及していくことを願っています。

■想定利用シーン

銀行の ATM やエレベーターのボタン、ドアレバーの上げ下げなど、不特定多数の方が触る箇所で使用するマルチタッチツールです。たくさんの「Blue Bird」が皆様のもとに飛び立って、日常を少しでもポジティブに過ごすためのお手伝いができますように。

ドアオープナー

■「青い鳥のドアオープナー」の特徴

○ピンクゴールドのボディにターコイズブルーのスワロフスキー®クリスタルがワンポイント

BlueBird

ヘアライン加工を施した美しいボディにピンクゴールドメッキを施し、ターコイズブルーのスワロフスキー®クリスタルをワンポイントに。アクセサリーとして鞄やキーホルダーにつけて持ち運べるデザイン。軽く、持ち運びにも負担にならない軽量なアルミニウムを使用しています。

○タッチスクリーンに対応

導電性ゴム

先端の伝導性ゴムは、タッチスクリーンにも対応しており、ATM やスマートフォンのスクリーンにもお使いいただけます。

◆ 製品情報

・ブランド名:Blue Bird (ブルーバード)
・製品名 :青い鳥のドアオープナー
・価格 :3,300 円(税抜き)
・材料 :A5052(アルミ材)
・色 :ピンクゴールド(メッキ)
・サイズ :横 10cm×縦 4cm×高さ 5mm
・重さ :約 20g
・販売先 :・銀座三越本館1F プロモーションスペース
・ギフトサイト「MOO:D MARK」https://moodmark.mistore.jp/
・販売開始日:8 月 12 日(水) ※銀座三越は 8 月 25 日(火)までの期間限定

◆ 株式会社ミューテック35の精密板金加工について

設立から 30 年、当初より試作板金に携わり、一見、無理難題かと思われるご要望にも挑戦しつづけてまいりました。お見積もりから技術的な相談まで迅速に対応し、早期製品化に向けてサポートいたします。平均ロットは 30 個以下と毎日が新しい品物との勝負です。受注案件の約 8 割が新規のため、月間プログラム数は 1600 を超えます。YAG レーザ溶接機も備えてスピードと品質を追求し、絞り加工など複雑なものでも、金型レスでローコスト、短納期で対応できる体制を整備しています。
企業情報はこちら:https://myutech35.co.jp/

<本件製品に関するお客様からのお問い合わせ先>
株式会社ミューテック35
電話:042-586-0411

<本リリースに関する報道関係者お問い合わせ先>
株式会社トランセント 担当者:土橋
電話:03-6277-3545 メール:hiromi@transcent.jp

新商品・販売のお知らせ

青い鳥のドアオープナー「Blue Bird」、8月12日より銀座三越, 伊勢丹のカジュアルギフトサイト MOO:D MARK BY ISETAN にて先行発売!

コロナ禍で離れた家族や友人に会えない期間があり、かけがえのない存在であることに改めて気づいた方も多いのではないかと思います。家族を守りたいという女性達の想いをベースにマザーズプロジェクト開始いたしました。精密板金加工の技術を活かした、持ち歩きができる非接触ツール、青い鳥のドアオープナーBlue Birdを開発、2020年8月12日より下記にて先行販売いたします。

ブランド名の由来

Blue Bird…身近な幸せを大切に

ブランド名である「Blue Bird」は、チルチルとミチルが探し求めた幸せが実は身近なところにあった、という物語で知られる、童話「青い鳥」にちなみ、皆様がこれからも身近な幸せを大切にできますようにと願いを込め名付けました。

日常生活の中で、ドアノブやタッチ画面に触れる機会は多く、対物接触をゼロにすることは難しいですよね。Blue Birdは手でドアノブに触れずにドアを開閉できるドアオープナーです。外出への不安をなくす感染防止対策の気軽なアイテムとして普及していくことを願っています。

ドアオープナー
キーホルダーとして、幸せの鳥Blue Birdをいつも身近に。
非接触でドアを開閉できます
ドアノブに手を触れずにドアを開閉できます。ゴムがついていますので、ドアノブを傷つけません。
ピンクゴールド
色はピンクゴールド。タッチパネルの操作もできます。チェーンは付属していませんので、お好きなものをご利用いただけます。
ドアオープナー
アルミ製で高級感がありますので、バッグを選びません。アルミは金属ですがとても軽い素材です。
ドアオープナー
ターコイズブルーのスワロフスキーが可愛いでしょう?

非接触のドアオープナー BlueBird、プレゼントとしてもお勧めです。プレスリリースはこちら。

お知らせ

ホームページをリニューアルいたしました。

この度、弊社ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも宜しくお願いいたします。

 

2020年は長く記憶に残る年となることでしょう。

コロナ禍による内外経済への影響は計り知れず、いまだ全面的な回復の兆しはみえておりません。しかし、停滞しているわけではありません。経済をまわす大きな柱である製造業は、時計の針のように時々刻々着実に動き続けております。当社においてもその振動を日々感じております。社会に必要とされるもの、生活に必要とされるものの供給は止まることはありません。

リーマン・ショックの時のことを思い出します。10年前、このままでは会社がダメになってしまうと思い、金属加工の「いろは」もわからないまま、伝手を頼って、また飛び込みで、数百社のドアを叩き、仕事を求めました。ありがたいことにその時の関係から今もお付き合いいただいている会社が何社もあります。当時、思ったのは製造業は止まっていない、「あるところには仕事がある」「堅実に対応すれば仕事がくる」ということです。

今もその確信は変わりません。

10年後の今、コロナ禍はもう一度試練を与えてくれました。当社に何ができるのか。お客様に何をどう提供すれば価値を認めていただけるのか。

その答えが「゛試作“総合金属加工業」です。

技術、ノウハウを蓄積してきた精密板金加工に注力しながら、機械加工、粉体塗装等にも対応できる「゛試作“総合金属加工業」へのシフトです。これにより、お客様のご要望にアジリティに対応し、コストダウンを実現し、もう一歩お客様に寄り添った課題解決が実現できると考えています。どんな小さな課題でもお声がけください。最適解をご提案させていただきます。

試練は成長を後押ししてくれると確信しています。
今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 谷口 栄美子

お知らせ

動画を制作中です。

本日は動画の撮影を行いました。弊社ブランドのthe BLOSSOには素敵な動画がいくつかあるのですが、よく考えると精密板金の動画がないことに気づき、撮っていただくことに!

動画のテーマは?

「ミューテック35と言えばセミ」と思っていただいている方も多いと思いますが(ありがとうございます)、この昆虫シリーズのメイキングストーリーです。

板金セミ

このセミ、1枚の板からできあがっているのです。自然物を金属で再現することはとても難しいのですが、難しいことを考えることは、仕事で精密板金を行うときのアイデアにも繋がります。

昆虫の丸みをおびたお腹や、触覚の形や長さまで、みんなとにかく本気なのです!

板金の設計中

この昆虫シリーズにあたらしい仲間が入ります。

今まで何回か挫折してきた昆虫に再チャレンジです。何だか分かりますか?お楽しみに~。

動画撮影

カメラが回っていることに緊張しました!

どのような動画になるのか、お楽しみに~。

お知らせ

30周年を迎えました。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

ミューテック35は2020年6月で30周年を迎えました。大きな怪我もなく、30年仕事ができたことにホッとしています。ありがとうございます。

当社の転機はリーマンショックにありました。ただ仕事を待っているだけでは、困った局面で何も手を打つことができない…。「二度とこういう思いをしたくない」と必死に走ってきました。またリーマンショックが来ても良いように。「走り続けていないと企業は死ぬ」と先輩経営者の方々がおっしゃられていたことを身を持って体験したのです。

それから12年、今ようやく「リーマンショックがあって良かった」と思えるようになりました。変化のために、痛みが必要だったのでしょうか。開発企業を支えるために最速であること、速いだけではなく的確であるため敏速であることを追求し、200社以上の新しいお客様とお取引させていただけるようになったこと、感謝しています。

経営に限らずですが「誰かのために」をいつも考えることが、最適な答えを導いてくれるのではないでしょうか。「自分のために」では迷うことが多いですが、「誰かのために」と考えたとき、やるべきこと、あるべき姿がはっきりと見えてくるような感じがしています。

当社は、企業の開発部門、ベンチャー企業などで早く開発を進めたい方々のお役に立つため「アジリティ」を今後も追求して参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

代表取締役 谷口 栄美子

投稿ナビゲーション