お知らせ

金属の切削加工 内製化 – 日刊工業新聞に掲載いただきました

2021年 1月13日 日刊工業新聞に掲載いただきました。

金属の切削加工 内製化
ミューテック35、納期短縮

ミューテック35は、金属切削加工を内製化し、主力の精密板金と合わせた試作向け部品製作の納期を3-5割短縮する。同加工内製化にあたり、コンピューター数値制御(CNC)旋盤などを導入した。同社は産業用ロボットやインフラ関連など多分野の試作部品を手がけており、短納期対応を磨き、顧客ニーズに応える。総投資額は約3800万円。導入したのはオークマ製CNC旋盤「LB3000EXⅡ」。金属切削加工向けでは2020年6月にファナックのロボドリルを導入済み。1月には3次元測定器の中古機も導入する。溶接機などを含む本社工場の稼働装置は34台となり、切削・板金・品質保証といった一貫体制が整う。

従来、金属切削加工は外注していた。内製化により生産効率の向上が図れることから、月間2000件だった受託が加工案件を21年から2200件に引き上げる。谷口社長は「迅速な見積もりと短納期対応、融通がきくという強みを訴求していく」という。人員はロボドリルの熟練者ら新たに2人を採用した。

ミューテック35の20年5月期売上高は約3億7000万円。5月末にプレス・金型部門を分社化しており、今期は同部門の売上高6000万円を今回の金属切削加工内製化による受注増で補完する。

お知らせ

新価値創造展2020オンライン出展のお知らせ

こんにちは。

12月1日から18日まで開催しております新価値創造展2020オンラインに出店しております。

オンライン展示会は初めての参加になりますが、皆様に弊社の特徴や強みなどが

わかりやすくお伝えできるようご用意しておりますので、

ぜひご覧いただければ幸いです!

よろしくお願いいたします。

新価値創造展2020オンライン

https://shinkachi.jp

お知らせ

ホームページをリニューアルいたしました。

この度、弊社ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも宜しくお願いいたします。

 

2020年は長く記憶に残る年となることでしょう。

コロナ禍による内外経済への影響は計り知れず、いまだ全面的な回復の兆しはみえておりません。しかし、停滞しているわけではありません。経済をまわす大きな柱である製造業は、時計の針のように時々刻々着実に動き続けております。当社においてもその振動を日々感じております。社会に必要とされるもの、生活に必要とされるものの供給は止まることはありません。

リーマン・ショックの時のことを思い出します。10年前、このままでは会社がダメになってしまうと思い、金属加工の「いろは」もわからないまま、伝手を頼って、また飛び込みで、数百社のドアを叩き、仕事を求めました。ありがたいことにその時の関係から今もお付き合いいただいている会社が何社もあります。当時、思ったのは製造業は止まっていない、「あるところには仕事がある」「堅実に対応すれば仕事がくる」ということです。

今もその確信は変わりません。

10年後の今、コロナ禍はもう一度試練を与えてくれました。当社に何ができるのか。お客様に何をどう提供すれば価値を認めていただけるのか。

その答えが「゛試作“総合金属加工業」です。

技術、ノウハウを蓄積してきた精密板金加工に注力しながら、機械加工、粉体塗装等にも対応できる「゛試作“総合金属加工業」へのシフトです。これにより、お客様のご要望にアジリティに対応し、コストダウンを実現し、もう一歩お客様に寄り添った課題解決が実現できると考えています。どんな小さな課題でもお声がけください。最適解をご提案させていただきます。

試練は成長を後押ししてくれると確信しています。
今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 谷口 栄美子

お知らせ

動画を制作中です。

本日は動画の撮影を行いました。弊社ブランドのthe BLOSSOには素敵な動画がいくつかあるのですが、よく考えると精密板金の動画がないことに気づき、撮っていただくことに!

動画のテーマは?

「ミューテック35と言えばセミ」と思っていただいている方も多いと思いますが(ありがとうございます)、この昆虫シリーズのメイキングストーリーです。

板金セミ

このセミ、1枚の板からできあがっているのです。自然物を金属で再現することはとても難しいのですが、難しいことを考えることは、仕事で精密板金を行うときのアイデアにも繋がります。

昆虫の丸みをおびたお腹や、触覚の形や長さまで、みんなとにかく本気なのです!

板金の設計中

この昆虫シリーズにあたらしい仲間が入ります。

今まで何回か挫折してきた昆虫に再チャレンジです。何だか分かりますか?お楽しみに~。

動画撮影

カメラが回っていることに緊張しました!

どのような動画になるのか、お楽しみに~。

お知らせ

30周年を迎えました。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

ミューテック35は2020年6月で30周年を迎えました。大きな怪我もなく、30年仕事ができたことにホッとしています。ありがとうございます。

当社の転機はリーマンショックにありました。ただ仕事を待っているだけでは、困った局面で何も手を打つことができない…。「二度とこういう思いをしたくない」と必死に走ってきました。またリーマンショックが来ても良いように。「走り続けていないと企業は死ぬ」と先輩経営者の方々がおっしゃられていたことを身を持って体験したのです。

それから12年、今ようやく「リーマンショックがあって良かった」と思えるようになりました。変化のために、痛みが必要だったのでしょうか。開発企業を支えるために最速であること、速いだけではなく的確であるため敏速であることを追求し、200社以上の新しいお客様とお取引させていただけるようになったこと、感謝しています。

経営に限らずですが「誰かのために」をいつも考えることが、最適な答えを導いてくれるのではないでしょうか。「自分のために」では迷うことが多いですが、「誰かのために」と考えたとき、やるべきこと、あるべき姿がはっきりと見えてくるような感じがしています。

当社は、企業の開発部門、ベンチャー企業などで早く開発を進めたい方々のお役に立つため「アジリティ」を今後も追求して参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

代表取締役 谷口 栄美子